<<HOME  
   
マカオなるほど
Q&A (BBS)
 ■地理と気候
マカオは中国の南東部に位置し、香港からは西南西へ64キロほどの距離にある。
面積は27.3平方キロメートルで、東京・品川区ほどの広さである。
中心部の市街地は中国広東省と地続きの半島にあり、空港のあるタイパ島、自然豊富なコロアネ島から形成される。
気候は亜熱帯気候に属し、平均気温は20度C。春夏(3月〜10月)は高温多湿で、冬秋は比較的温度が低くなる。
ただし、ホテルや乗り物の中はエアコンがガンガン効いている場合があるので注意が必要です。
7〜9月には台風が多い。
台風が来ると香港⇔マカオのフェリーは欠航します。
往きは大丈夫でも、帰りに台風が来ていたら悲惨です。
香港マカオ方面に台風が接近していないかどうか事前に確認しましょう。
 
 ■行政単位、人口
1999年12月にポルトガルから返還され、現在は香港と同様に中国の特別行政区。返還後も自治権はマカオにあり、一国二制度で運営されている。
人口は約47万人(2005年12月)。95%が中国人で、残りはポルトガル人とその他の外国人。
★:ここでいう人口とは、マカオ国民として登録している人々を指します。その他に毎日数千人単位で移動する旅行者や、特殊技能を持った短期滞在を繰り返す世界各国の妙齢な女性は含まれません。
 
 ■マカオという名前の由来
16世紀にポルトガル人がやってきた時、ここの地名を地元の人に尋ねました。
すると、地元の人は、『 漁民たちの守護神のいる海 』 = 『 アマガオ 』 と答えました。
これをポルトガル人が、『 Aacau 』 と発音し、やがて「 A 」がとれて 『Macau 』 になったのが始まりといわれています。
 
 ■マカオの歴史
マカオの歴史
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(2006/1/26)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2
 
マカオにポルトガル人が到来し、中国の明王朝との交易に乗り出すのは16世紀初めの1513年のことである。当初は東南アジアの植民地から中国近海に来航していたポルトガル人は、マカオに居留地を確保し、中国や日本に対する貿易拠点とした。マカオはまた日本や中国に対するカトリック教会の布教の拠点でもあり、日本の禁教後はマテオ・リッチなどのイエズス会宣教師を北京に送り込んでいた。

しばしば「1557年ポルトガル領マカオ植民地成立」と書かれるが、これは正確に言うと誤り、あるいは事実のミスリードである。実際には、ポルトガルはこの年に明王朝から後期倭寇の討伐で明に協力した代償として、マカオの永久居留権を認められたにすぎない。明および続く清の時代を通じてマカオは中国が領土主権を有し、中国の海関が設置され、中国の官吏がマカオ内に自由に出入りしていた。

17世紀の明清交代期には、清が台湾の鄭氏政権対策として遷界令を発して貿易を禁じ、また日本も鎖国をひいてポルトガル船を締め出したために、一時期マカオは没落した。その後、鄭氏が清に降伏すると貿易は再開される。

ポルトガルがマカオの行政権を中国人官吏から奪取し、ここを完全に植民地化したのは1849年のことで、アヘン戦争によってイギリスが香港植民地を獲得したのに刺激されたものであった。その後、1862年になって初めて中国(清)もマカオにおけるポルトガル統治権を認め、1887年に友好通商条約を締結してマカオを第三国に譲渡しないことを条件に永久的に占有することを承認した。

第二次世界大戦では、ポルトガルが中立を宣言したためにマカオは東アジアにおける中立港となり、経済的には繁栄したものの中国人の難民が大量に流入した。戦後の1951年、ポルトガルはマカオを海外県とし、ポルトガル系住民支配のもとで植民地支配を続けようとしたが、1966年に中国系住民による反ポルトガル闘争(マカオ暴動)が巻き起こった。

マカオ暴動以降、中国側からの影響と返還の圧力が高まる中、1974年にポルトガル本国でカーネーション革命が起こって政権交代が実現、左派系の新政権は海外植民地の放棄を宣言した。1976年、ポルトガルはマカオを海外県から特別領に改め、立法会を設置するなど、行政における本国からの大幅な独立性を認めた。

1979年には中華人民共和国とポルトガルの国交が樹立されるにあたり、マカオの本来の主権が中国にあることが確認された。1986年より、中国がイギリスとの間で進める香港返還交渉と平行してマカオ返還交渉が開始。翌1987年、両国は共同声明を発して1999年に行政権が中国に返還されることが決定した。

マカオには、マカオ基本法を実質上の憲法として運用する一国二制度の適用され、ポルトガルから受け継いだ現行の社会制度を返還後50年にわたって維持することとなった。返還は1999年12月20日に実現、マカオは中国の特別行政区となった。
▲TOP
 
 
HOME観光スポットマカオの遊びグルメショッピングイベントホテル大人のマカオ
なるほどQ&A(BBS)地理と歴史アクセスと入国市内交通通貨と言葉MAP
Copyright 2006- All rights reserved : マカオ・プレイ-ガイドネット